NewShohin(ニューショウヒン) | 新商品の情報メディア

Wi-Fi 6対応ルーター「TP-Link Archer AX20」をレビュー!コスパ最強

最終更新日:2021/01/13

URLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
「TP-Link Archer AX20」

評価:4.5

ライターのイメージアイコン

この記事では、TP-LinkのWi-Fi 6ルーター(無線LANルーター)である「TP-Link Archer AX20」をレビューします。

使用して感じた感想や、特徴、通信速度などについてまとめました!

TP-Link Archer AX20」は、旧モデルの「TP-Link Archer AX10」からほぼ同じ価格で性能が大幅に向上したWi-Fi 6 ルーター。

デュアルバンド Wi-Fi 6対応で高速通信が可能になっています。

4つのアンテナを備え、ビームフォーミング対応。遠く離れたスマートフォンなどの端末でも安定して通信可能。

低価格なのに高性能で、今のWi-Fi環境を改善したいという方におすすめの最新Wi-Fiルーターです。

「TP-Link Archer AX20」の特徴

TP-Link Archer AX20の全体

デュアルバンド Wi-Fi 6対応

Wi-Fi 6(11ax)の最大通信速度(理論値)は、Wi-Fi 5(11ac)と比べて約1.4倍も高速なWi-Fi規格です。

TP-Link Archer AX20」は、Wi-Fi 6に対応している上に、2.4GHzと5GHzの2つの帯域に対応。

5GHzは高速であるものの障害物に弱い特性があり、2.4GHzは障害物に強い特性があります。

「TP-Link Archer AX10」は2.4GHzの場合Wi-Fi 6非対応でしたが、「TP-Link Archer AX20」は2.4GHzもWi-Fi 6に対応しています。

なので、障害物に強い2.4GHzでも高速に使用可能です。

処理能力抜群クアッドコアCPU

TP-Link Archer AX20」は1.5GHz クアッドコア CPUを搭載。トリプルコアからクアッドコアへと進化しました。

多くの機器を接続して使用しても多くの通信を高速に処理できます。

なので、家族の複数人が同時にビデオ会議をするといった場面や、なにかをダウンロードしながらオンラインゲームをするといった場面でも、遅延を少なくできます。

離れた場所でも安定して通信可能

TP-Link Archer AX20」は4つのアンテナを備え、ビームフォーミングにも対応しています。

遠く離れたスマートフォンなどの端末でも安定して通信可能で、設置場所に困ることもないでしょう。

快適なWi-Fi環境を構築可能です。

「TP-Link OneMesh」対応

TP-Link Archer AX20」は、独自のメッシュWi-Fi機能である「TP-Link OneMesh」に対応しています。

Wi-Fi 6中継機「RE605X」などを使用すれば、コストを掛けずにメッシュWi-Fi環境を構築することが可能です。

アプリでかんたん設定などの豊富な機能

スマートフォン向けアプリ「Tether」の画面

TP-Link Archer AX20」だけでなく、TP-Link製のWi-Fiルーターではおなじみのスマートフォン向けアプリ「Tether」で、簡単に設定することができます。

接続も自動的に判別してくれ、初心者でも迷わずに設定できます。

VPNやファイル共有機能(簡易NAS機能)も搭載されており、機能面も充実しています。

IPv6パススルー対応

TP-Link Archer AX20」は、IPv6パススルー対応です。

現在、v6プラスなどのサービスを利用している方は、TP-Linkのスマートフォン向けアプリ「Tether」から「TP-Link Archer AX20」をアクセスポイントに設定して接続することで、v6プラスが利用できます。

「TP-Link Archer AX20」のパッケージ・付属品

まずは「TP-Link Archer AX20」の製品パッケージです。

TP-Link Archer AX20のパッケージ

開封するとこのように本体と付属品が入っています。

TP-Link Archer AX20を開封した様子

TP-Link Archer AX20の同梱物

困ったときの対応方法が記載された親切な説明書も付いていました。

「TP-Link Archer AX20」の説明書

「TP-Link Archer AX20」の外観

TP-Link Archer AX20」を早速設置してみました。

「TP-Link Archer AX20」を設置した写真

TP-Link Archer AX20」の前面には、このようにLEDインジケータがあります。

「TP-Link Archer AX20」の前面

設定すれば、LEDインジケータを消灯することも可能です。アプリから簡単に設定できます。

Tetherアプリの設定画面

後ろ側には、WANポートとLANポート、電源端子、USBポートがあります。

このUSBポートにハードディスク(HDD)などのストレージをさせば簡単にNAS機能を使用できます。

WPSボタンもあるので、機器のWi-Fi接続もワンタッチで簡単です。

「TP-Link Archer AX20」の背面

「TP-Link Archer AX20」の通信速度

気になる通信速度ですが、実際に設定を済ませて計測してみました。

測定には、Googleのインターネット速度テストを使用しました。

「TP-Link Archer AX20」付近で計測した場合

TP-Link Archer AX20」付近で計測した場合の結果は、

  • ダウンロード:478.0Mbps
  • アップロード:275.0Mbps

でした。

「TP-Link Archer AX20」付近で計測した場合のスピードテストの計測結果

いずれも、これだけ高速であれば文句なしです!

ライターのイメージアイコン

有線LANで接続した時とほぼ同じ速度で大満足!

「TP-Link Archer AX20」から離れて計測した場合

次は、1階に「TP-Link Archer AX20」を設置し、2階の端の部屋で計測してみました。

計測結果は、

  • ダウンロード:473.2Mbps
  • アップロード:223.7Mbps

でした。

「TP-Link Archer AX20」から離れて計測した場合のスピードテストの計測結果

離れて計測した場合でも、ほぼ結果は変わらず文句なしの通信速度です!

こちらも有線LANで接続した時とほぼ同じ速度で大満足!

「TP-Link Archer AX20」のレビューまとめ

TP-Link Archer AX20の正面からの写真

この記事では、TP-LinkのWi-Fi 6 ルーター(無線LANルーター)である「TP-Link Archer AX20」をレビューしました。

スピードテスト結果も良好で、この価格でこれだけのスペックのWi-Fiルーターが購入できることに驚きです。

この「TP-Link Archer AX20」は、

  • 低予算でWi-Fi環境を改善したい
  • 複数のデバイスを同時に使うことがある
  • 最新のWi-Fi通信規格であるWi-Fi 6を試してみたい
  • Wi-Fi環境を安定させたい
  • Wi-Fiの使えるエリアを広げたい

といった方にオススメのWi-Fiルーターです。

ライターのイメージアイコン

とにかく、この低価格で快適なWi-Fi環境を手に入れられることに驚きです!

source,image:公式製品ページ(TP-Link)