NewShohin

FiiOのオーディオプレーヤー「M7」とヘッドホンアンプ「Q5」が発売!

time 2018/04/25

FiiOのオーディオプレーヤー「M7」とヘッドホンアンプ「Q5」が発売!

エミライは、「FiiO Electronics」の新製品として、デジタルオーディオプレーヤー「M7」、USB DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ「Q5」を発売しました。

デジタルオーディオプレーヤー「M7」

デジタルオーディオプレーヤー「M7」

最新技術を駆使した「M7」

M7」は、高速動作と低消費電力を両立させたSamsung製14nm FinFETプロセス SoC「Exynos 7270」(Dual Core 1GHz)を採用。

また、優れた電気的安定性を持つ最新技術を駆使した6層マルチステージHDI(高密度相互接続)基板と、低ジッター化を実現する2系統(44.1kHz系,48kHz系)の高精度水晶発振器を搭載しています。

2.8MHzのDSDデータのネイティブ再生に対応

24bit/192kHzまでのPCMデータの再生に対応するほか、2.8MHzのDSDデータのネイティブ再生にも対応。

ESS Technology製32bit DACと、SoC「ES9018Q2C」を搭載し、低ノイズ・低歪と高出力を両立します。

圧倒的な使いやすさを実現

Bluetooth 4.2準拠でapt-x/apt-x HDおよびLDACに対応。

Android 7.0をカスタマイズした新OSおよびユーザビリティを大幅に改良した新UIと、3.2インチ480×800ディスプレイで直感的に操作できます。

また、2GBの内蔵ストレージのほか最大512GBまでサポートするSDカードスロットを搭載しているので、容量の心配もありません。

さらに、USBオーディオ出力に対応(~32bit/384kHz,~DSD128対応)しています。

USB DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ「Q5」

USB DAC内蔵ポータブルヘッドホンアンプ「Q5」

高品質なパーツを数多く使用し、安定した動作を実現

Q5」は、AKM製高性能DACチップ「AK4452」をデュアル・モノ構成で使用するほか、Texas Instruments製高品質オペアンプ、Vishay製高精度パーツ、Panasonic製フィルムコンデンサなど、高品質パーツを数多く使用しています。

最大で384kHz/32bitのPCMデータおよび11.2MHzのDSDデータのネイティブ再生に対応するUSB DAC機能がり、電子ボリューム方式による音量調整機構を採用し、ギャング・エラーを防いでいます。

また、「Q5」はアンプ・モジュール方式を採用しており、2.5mmバランス出力端子/4.4mmバランス出力端子に対応しています。

使いやすい設計

独立構成のLPF/ボリューム/バッファ段による高性能オーディオ回路部を採用し、ライン入出力が可能な3.5mm端子を搭載。

また、Bluetooth 4.2準拠で、apt-x接続でスマートフォンの音源の再生が可能です。

さらに、iOSデバイスの電池切れを防ぐ自動接続検知・切替機能も搭載しています。もちろんApple社MFi認証を取得しています。

ラインナップ

FiiO M7

FiiO Q5

4.4mmバランスAM3B出力モデル

2.5mmバランスAM3B出力モデル