NewShohin(ニューショウヒン)

Xiaomiが初のスマートウォッチ「Mi Watch」を発売!OSに「MIUI for Watch」を採用

投稿日:2019/11/06

URLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
Xiaomi「Mi Watch」

「2020年に日本市場に参入する」と2019年11月4日に発表した世界シェア4位のスマホメーカーXiaomi(シャオミ)ですが、2019年11月5日に同社初のスマートウォッチ「Mi Watch」を発表しました。

「Mi Watch」は、中国でのみの発売となっていますが、今後グローバルで販売する計画とのことです。

日本にも現時点で代理店があり、2020年には日本市場に参入すると発表されていることから、日本での発売もされるのではないかと期待されています。

Xiaomi「Mi Watch」のデザイン

Xiaomi「Mi Watch」を装着している様子

「Mi Watch」は、「Apple Watch」と同様に四角形のデザインで、デジタルクラウンとボタンが搭載されています。

ディスプレイは1.78インチのAMOLED。ボディはアルミ製で、背面はセラミック製となっており、心拍センサが搭載されています。

Xiaomi「Mi Watch」のPremium版

Premium版はサファイアガラスを採用しています。

Xiaomi「Mi Watch」の特徴

Googleの「Wear OS」をベースとした「MIUI for Watch」をOSに採用

Xiaomi「Mi Watch」の細部

Googleのスマートウォッチ向けOSである「Wear OS」をベースとしたカスタムOS「MIUI for Watch」をOSに採用しています。

独自のアプリストアからアプリをインストールでき、TikTokやQQメッセンジャーなど、様々なアプリを追加できます。

アプリインストールにも対応

Xiaomi「Mi Watch」でアプリを使用している画面

独自のアプリストアからアプリをインストールでき、様々なアプリを追加できます。

現在は中国国内での発売しかアナウンスされておらず、Google Playから「Mi Watch」にアプリをインストールすることはできませんが、今後発売されるグローバル版がGoogle Playに対応していることに期待しましょう。

eSIM対応でLTE通信可能

Xiaomi「Mi Watch」で通話している様子

「Mi Watch」はeSIMに対応しています。

LTE通信が可能で、マイクとスピーカーも搭載しているので、スマートフォンに接続することなく「Mi Watch」単体で通話できます。

充実したヘルスケア機能

Xiaomi「Mi Watch」の心拍センサー

睡眠トラッキングやアクティビティトラックに対応。

背面に搭載されている心拍センサーで最大酸素摂取量(VO2Max)の計測も可能です。

また、Wi-Fi、GPS、NFCにも対応しているので、様々なアプリを「Mi Watch」単体で使用できます。

Xiaomi「Mi Watch」のスペック

商品名Mi Watch
チップセットQualcomm Snapdragon Wear 3100
メモリー1GB
ストレージ8GB
セルラー通信LTE通信可能(eSIM)
Wi-Fi対応
GPS搭載
Bluetooth対応
NFC対応
駆動時間36時間駆動(セルラーモードの場合)
トラッキング機能睡眠、スポーツ(水泳、サイクリング、ランニングなど)、心拍測定
販売国中国
販売予定国その他の国

Xiaomi「Mi Watch」の価格

商品名価格備考
Mi Watch(スタンダードモデル)1299元(約2万円)
Mi Watch(プレミアムモデル)1999元(約3万1000円)サファイアガラスとステンレスボディのプレミアムモデルです。
人気記事