NewShohin

ノートパソコンも浮かせて設置できるモニターアーム「Loctek D5DL」が最強!

time 2017/10/20

ノートパソコンも浮かせて設置できるモニターアーム「Loctek D5DL」が最強!

近年では様々な場所でパソコン作業をする人が増えており、ノートパソコン1台ですべての作業をこなすという人が増えています。

そんな中、ノートパソコンとモニターを設置できるモニターアームを求めている人も多いではないでしょうか?

また、デスクにノートパソコンを置くとスペースを取ってしまい邪魔だと思っている方も多いのではないでしょうか?

そんな方にはモニターアーム「Loctek D5DL」がオススメです。

実際に私が使用しているので、ご紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ノートパソコンとモニターを浮かせてスペースを有効活用

「Loctek D5DL」の公式イメージ

ノートPCはかなりデスクのスペースを取ってしまいますが、「Loctek D5DL」を使用すれば、ノートパソコンとモニターを浮かせて使用できるので、スペースを減らすことなく設置できます。

Loctek D5DLのモニターを上に上げているイメージ

使用しない際は簡単に上に上げておくことができるので、ノートPCを気にすることなくデスクで作業することができます。

また、自分の好きな位置にモニターとノートPCを設置できるのでPC作業の負担も少なくなります。

さらに、将来的にデスクトップPCを購入した際にもデュアルモニターアームとしても使用できます。

デュアルモニターアームとして使用しているイメージ

組み立てが簡単

多くのモニターアームは組み立てが難しく、慣れている人でも1時間程度かかってしまいますが、「Loctek D5DL」は説明書が絵で丁寧に書かれているので、簡単に組み立てられました。

実際に20分程度で組み立てることができました。

慣れていない方でも30分もあれば組み立てられる内容でしたので、組み立てが難しいのではないかという心配はしなくて大丈夫です。

デスクへの設置方法

クランプ式とグロメット式

クランプ式で設置する方が多いと思いますが、デスクの天板の厚さが20mmから100mmまでのデスクに設置できるそうです。

大抵のデスクにはクランプ式で設置できると思います。

また、グロメット式という穴に通して設置するタイプの設置方法もあります。

こちらの方法では、天板の厚さが20mmから90mmで、穴の直径が8.5mmから70mmまでのデスクに設置できます。

ちなみに私はグロメット式で設置して使用しています。

モニターの設置方法(VESA対応)

VESA対応で、モニターの裏に有るネジ穴の位置が「75mmx75mm」か「100mmx100mm」であれば設置できます。

ほとんどのモニターは対応していますが、心配であればネジ穴とネジ穴の感覚を定規で測って75mmか100mmであることを確認しましょう。

ちなみにですが、モニターによっては下の写真のようにネジ穴がゴムのキャップで隠されている場合もあるので、よく確認して見てください。

モニター裏面

アームが動く範囲

可動領域

かなり自由に動くのでほぼ自由に動かすことができます。

また、各関節部分のボルトを付属の工具で調整することで固さも調整できるようになっています。

ここらへんは組み立て終わってから細かく調整するのがおすすめです。

最後に

想像どおり使用出来ているのでとても満足です。

また、ガス圧式なので簡単にパソコンやモニターを移動できてとても便利です。

Loctek D5DL」は、ノートPCを使っているという方にすごくおすすめです。

ちなみに、こんな感じで使用しています。

「Loctek D5DL」を使っている様子

商品ページ(Amazon)

スポンサーリンク

down

コメントする