NewShohin

新型2in1ノートPC「Surface Go」のWi-Fiモデルが約6万円で発売!

time 2018/07/12

新型2in1ノートPC「Surface Go」のWi-Fiモデルが約6万円で発売!

日本マイクロソフトは、「Surface」シリーズの新型2in1ノートPC「Surface Go」のWi-Fiモデルを、8月28日に国内で発売すると発表しました。

予約は7月12日から受け付けが開始されます。

「Surface Go」本体とキーボードカバーの価格

「Surface Go」本体とキーボードカバー

一般向けモデルの価格は6万4800円(税別)からで、専用キーボード兼カバー「Surface Go Signature タイプカバー」も1万5400円で発売されます。

また、ブラックの英語キーボード「Surface Go タイプ カバー 英字配列」は1万1800円、モバイルマウスは3800円です。

筆圧検知ペンも発売される予定ですが、価格は未定です。

シリーズ最薄最軽量の本体に様々なポートを搭載

「Surface Go」はマグネシウム合金の本体に、USB 3.1 Type-Cポートを1基を搭載。

厚み8.3ミリ・重量約522グラムと、シリーズ最薄最軽量になっています。

さらに、イヤフォンジャックやmicroSDXCカードスロットに加え、ドッキングステーションや付属の充電ACアダプターを接続する「Surface Connect」ポートも備えています。

「Surface Go」の主な仕様

CPUはインテルのPentium 4415Yを採用。

メインメモリは4GBか8GBから選べ、内蔵ストレージは64GBのeMMCか128GBのSSDを選択できます。

また、ディスプレイサイズは10インチ。表示解像度は1800×1200ピクセル。駆動時間は9時間以上です。

搭載されるOSについて

搭載OSは、一般向けモデルがWindows 10 Home(Sモード)、法人および教育機関向けモデルはWindows 10 Proとなっています。

Sモードとは、マイクロソフトのアプリのみ動作するOSです。

解除して通常のWindows 10として使うこともできるので、特に気にする必要はないでしょう。

しかし、Sモードへの復帰は不可能なので、Sモードで使用したい方は注意が必要です。

一般向けモデルはOfficeがプリインストール

日本の一般向けモデルは、「Office Home & Business 2016」がプリインストールされているため、海外モデルよりも価格が高くなっています。

ただ、Officeが必要な方にとってはお得でしょう。

各モデルの価格

「Surface Go」本体

一般向けモデル

  • 「4GB/64GB(eMMC)」:6万4800円
  • 「8GB/128GB(SSD)」:8万2800円

※LTEモデルは年内に発売予定

法人向けモデル

  • 「4GB/64GB(eMMC)」:5万2800円
  • 「8GB/128GB(SSD)」:7万800円

教育機関向けモデル

  • 「4GB/64GB(eMMC)」:4万7800円
  • 「8GB/128GB(SSD)」:6万5800円

関連商品(Amazon)

 

down

コメントする