NewShohin

ソニー、バランス接続可能なハイレゾ対応ヘッドホン「MDR-1AM2」を発売

time 2018/02/21

ソニー、バランス接続可能なハイレゾ対応ヘッドホン「MDR-1AM2」を発売

ソニーは、超高域100kHzまでの広帯域再生を実現したハイレゾ音源対応ステレオヘッドホン「MDR-1AM2」を2018年3月10日に発売すると発表しました。

快適でスタイリッシュなハイレゾ音源対応ステレオヘッドホン

MDR-1AM2」は、ステレオヘッドホン「MDR-1A」を改良し、音質の向上とシンプルでスタイリッシュなデザインを実現したハイレゾ音源対応ステレオヘッドホン

また、小型化・軽量化されており、軽快な装着性を実現しています。

新開発の40mm HDドライバーユニットを採用

「MDR-1AM2」の40mm HDドライバーユニット

超高域100kHzまでの広帯域再生が可能な新開発の40mm HDドライバーユニットを採用。クリアでのびやかなボーカルと迫力のある引き締まった低音が特徴です。

また、グリルにはフィボナッチパターングリルを採用。振動板からの空気の伝搬が阻害されないので、なめらかな超高域再生が可能になっています。

さらに、アルミニウムコートLCP振動板は、ドーム部の剛性を高める形状に改良されており、高音域の感度も向上しています。

ノイズや歪みの少ない繊細な音が楽しめるバランス接続対応

「MDR-1AM2」をバランス接続している様子

通常の3.5mmステレオミニプラグのヘッドホンケーブルの接続にも対応していますが、φ4.4mmバランス標準プラグを採用したヘッドホンケーブルが同梱されており、ウォークマン「NW-ZX300」などの対応機器とφ4.4mmバランス接続が可能です。

付属のφ4.4mmバランス標準プラグ

バランス接続では、左右の音を分離しグラウンドを介さずに音の信号を出力する事が可能で、ノイズや歪みの少ない繊細な音が特徴です。

軽量・小型化で、遮音性と快適な着け心地を実現

「MDR-1AM2」のイヤーパッド

MDR-1AM2」は前機種に比べ、ハウジングの直径が約7mm縮小されており、約59mmに小型化されています。

ヘッドバンドの構造も改良されており、27.5mm幅にスリム化され、重量も約187gに軽量化。

さらに、イヤーパッド表面には吸放湿性に優れた合成皮革が仕様されており、蒸れにくくなっています。

加えて、内部の素材に低反撥ウレタンフォームを採用することで、遮音性と快適な着け心地の両立を実現しています。

主な仕様

型式 Dynamic
ドライバーユニット 40mm (Dome Type)
感度 98dB/mW
マグネット Neodymium
再生周波数帯域 3-100000Hz
インピーダンス 16Ω
最大入力 1500mW
コード長 1.2m
コードタイプ Detachable/Silver coated OFC/AP rimote、Detachable/Silver coated OFC/Balance
入力プラグ Gold-plated L-shaped Stereo Mini 、Gold-plated L-shaped Balance
質量 187g
付属品 キャリングポーチ、マイク/リモコン付きヘッドホンケーブル(約1.2m)、バランス接続ヘッドホンケーブル(約1.2m)

商品ページ(Amazon)