NewShohin

スマホシェア世界4位の「OPPO」がAndroidスマホ「R11s」を日本で発売

time 2018/01/31

スマホシェア世界4位の「OPPO」がAndroidスマホ「R11s」を日本で発売

OPPO Japanは、Androidスマートフォン「R11s」を2018年2月9日に発売すると発表しました。

OPPOは世界第4位のスマートフォンブランドで、今回発売が発表された「R11s」が日本市場初のOPPOのスマートフォンです。

圧倒的に美しい有機ELディスプレイ

「R11s」のディスプレイの画像

「R11s」のディスプレイ

今回発表された「R11s」は、6.01インチ・2160×1080ドットの有機ELディスプレイを搭載したスマートフォンです。

最近のスマートフォンのトレンドでもある18:9のディスプレイは、通常の16:9ディスプレイと比較して12.5%の視野角拡大を実現。

一度使ったら手放せなくなるほど美しく、前面のほとんどがディスプレイとなっているため、見る映像全てに迫力があります。

どんな撮影にも最適なカメラ

「R11s」のデュアルカメラの画像

「R11s」のデュアルレンズカメラ

背面のカメラは2000万画素と1600万画素のデュアルレンズカメラで、2000万画素側は夜間撮影用、1600万画素側は昼間撮影用として切り替えて使用します。

また、インカメラも2000万画素と高画質です。

さらに、AIビューティーセンサーが254ポイントで顔の特徴を取得し、性別・年齢・肌のキメ・肌の色・表情・肌の状態など、複数の要素から自撮りの特徴を分析し、それぞれのユーザーに最適な補正をしてくれます。

AIを活用した顔認証技術が、0.08秒でロックを解除

顔認証技術にもAIが活用されており、0.08秒でロックが解除されます。

カメラを使って128ポイントで顔の特徴を取得することにより、OPPOのA.I. 顔認証技術がユーザーの顔の特徴を0.08 秒で認識し、ディスプレイが起動するとすぐにロックが解除されます。

スペック

「R11s」のカラーバリエーション

価格は税抜57,980円で、家電量販店などで発売されます。

「R11s」のスペック表
CPU Qualcomm® SDM 660
RAM 4GB
ROM 64GB Micro‐SDスロット(最大256GB)
バッテリー 3205mAh
タッチスクリーン Multi-touch, Capacitive Screen
アウトカメラ 2000万画素+1600万画素デュアルカメラ (f/1.7)
インカメラ 2000万画素 (f/2.0)
ディスプレイ 6.01インチ(2160×1080・AMOLED 1600万色)
OS ColorOS 3.2(Android7.1ベース)
SIMカード デュアル(ナノSIM)
Wi-Fi 2.4/5GHz 802.11 a/b/g/n/ac
Bluetooth Bluetooth® v4.2
高さ 155.1mm
75.5mm
厚さ 7.1mm
重量 153g
GSM 850/900/1800/1900MHz
WCDMA 850/900/1700/1900/2100MHz
FDD-LTE 1/2/3/4/5/7/8/20/28
TD-LTE 38/39/40/41

関連商品(Amazon)

情報元