NewShohin

ロボットが本格ドリップコーヒーを提供する「変なカフェ」が渋谷にオープン!

time 2018/01/30

ロボットが本格ドリップコーヒーを提供する「変なカフェ」が渋谷にオープン!

エイチ・アイ・エス(H.I.S.)は、ロボットがコーヒーの販売から提供までを行う「変なカフェ」を渋谷モディの地下1階に2月1日よりオープンすると発表しました。

美味しいコーヒーをリーズナブルにロボットが提供

「変なカフェ」は旅の計画をワクワクしながら立てるとき、美味しいコーヒーをよりリーズナブルに楽しめるカフェをめざし、「変なホテル」で培ったロボットのノウハウを活かしてカフェを運営してくそうです。

人との共同作業を可能とした協働ロボットが本格ドリップコーヒーの提供を行い、人による少しのサポートだけでカフェを運営します。

短時間で本格コーヒーを提供

「変なカフェ」でロボットがドリップしている様子

提供メニューは7種類。一杯あたりを提供するのに必要な時間は本格ドリップコーヒーがおよそ3~4分、それ以外のメニューでおよそ2~3分。

ブラジル、グアテマラ、エチオピアの豆を最適な割合でブレンドし、2段階の焙煎によってしっかりとした味の本格ドリップコーヒーを短時間で提供することを可能にしています。

また、エスプレッソコーヒーはブラジル、コロンビア、インドネシアの豆をブレンドし、一回の焙煎で程よい苦味と深いコクが特徴となっております。

2台のロボットが連携

使用ロボットは米国Rethink Robotics社の単腕型・高性能協働ロボット「Sawyer(ソーヤー)」と、同時に複数杯のドリップコーヒーを淹れられるバリスタマシンの「Poursteady(ポアステディ)」の2台。

この2台が上手く連携し、本格ドリップコーヒーをすぐに提供してくれます。

「変なカフェ」の仕組みとメニュー

「変なカフェ」でロボットが作業している様子

提供までの流れ

  1. 発売機にて、好きなメニューを選んで購入する。
  2. バーコード付きのチケットをバーコードリーダーにかざす。
  3. 「Sawyer」がコーヒーカップをバリスタマシンの「Poursteady」に移す。
  4. 「Sawyer」が金属フィルタを持ち、コーヒー豆を削って金属フィルタへ入れる。
  5. 「Sawyer」がバリスタマシン「Poursteady(ポアステディ)」のボタンを押しコーヒーを淹れる。
  6. 「Sawyer」が受取カウンターへコーヒーを移し、お客様に出来上がりをお知らせする。
  7. 「Sawyer」が金属フィルタの中に入っているコーヒー豆を捨て、洗浄を行い元の場所に戻す。

メニュー

  • 本格ドリップコーヒー 320円
  • アメリカーノ 290円
  • カフェラテ 380円
  • カプチーノ 380円
  • ココア 380円
  • カフェモカ 410円
  • 抹茶ラテ 410円

関連商品(Amazon)

情報元