NewShohin

紙製ボディの超薄型デジタルカメラ「Papershoot」が話題に

time 2017/12/17

紙製ボディの超薄型デジタルカメラ「Papershoot」が話題に

紙製のデジタルカメラ「Papershoot(ペーパーシュート)」が、ネット上で密かに話題になっています。

紙製ボディの超薄型カメラ

Papershootの組み立て風景
Papershoot」は、ボディが紙で作られているカメラです。

厚さはわずか12mmと薄く、重さも80g(電池含)と超軽量です。

こんな小型でも写真はSDカードに保存

こんな小型でありながらも、500万画素CMOSセンサーを搭載しており、写真はSDカードに保存されます。

このような小型カメラはフィルム式が多かったが、「Papershoot」はSDカードに保存されるので、とても経済的で思いっきり写真を取ることができます。

また、電池は単4アルカリ電池2本です。

4種類のカラーモードでインスタ映えする写真を

Papershootに搭載されている4種のカラーモード
ただ写真を取るだけでなく、全4種類のカラーモードが用意されています。

「クラシック」「白黒」「ゴールデンメモリー」「ブルーノーベンバー」といったカラーモードを駆使して撮れば、日常の何気ない風景がインスタ映えする写真になるでしょう。

あえてフィルムカメラのようなアナログ感を楽しむ

Papershootの使用風景
Papershoot」には、液晶モニタが搭載されていないので、本体単体で写真を確認することはできません。

なので、あえて確認できないフィルムカメラのようなアナログ感を楽しめます。

また、シャッターボタンを3秒長押しするだけで電源がつくので、「撮りたい!」と思ったらすぐに取り出して撮影できます。

商品ページ(Amazon)

コメント

  • チェキはフィルムが高すぎて買わなかったけど、これはSDカードだし、チェキみたいなアナログでおしゃれっていうイメージで良いと思う。
    ちょうど良いところをついてる!!

    by 匿名 2017年12月17日 21:47

down

コメントする