NewShohin

DMMが最新映像技術を駆使した「DMMかりゆし水族館」を沖縄に建設予定

time 2017/12/13

DMMが最新映像技術を駆使した「DMMかりゆし水族館」を沖縄に建設予定

DMM.comは、沖縄県豊見城市豊崎 美らSUNビーチに隣接するショッピングセンター敷地内で、「DMMかりゆし水族館(仮称)」を開業することを決定したと発表しました。

空港から車で約20分の好立地に2020年開業予定

「DMMかりゆし水族館(仮称)」は、開業は2020年上半期を予定しているそうです。

開発予定地は、那覇空港から専用シャトルバスで約30分、タクシーや車では約20分と、かなり好立地です。

また、美らSUNビーチに隣接しており、水族館にぴったりな場所と言えるでしょう。

最新映像技術を駆使した水族館に

「DMMかりゆし水族館(仮称)」のイルカの展示イメージ

「DMMかりゆし水族館(仮称)」のテーマは、「“世界初”最新映像技術を駆使した新しいエンタテイメント水族館」です。

「DMMかりゆし水族館(仮称)」の内部イメージ

通常の水槽展示だけでなく、最新映像技術を駆使したリアル海洋体験ができる「リアルとバーチャルの融合」を目指すそうで、DMMならではのデジタルと融合した水族館となりそうです。

完成すれば県内2施設目に

現在、DMMは水族館運営に知見のある企業と技術提携に向け協議中だそうで、「DMMかりゆし水族館(仮称)」が完成すれば沖縄県内2施設目の水族館となります。

県内や県外から完成への期待が集まっています。

概要

  • 所在地:沖縄県豊見城市豊崎3番
  • 交通:那覇空港から専用シャトルバスで約30分、タクシー・車で約20分
  • 開業予定:2020年上半期(予定)
  • 入場者数:初年度210万人(目標)

関連商品(Amazon)