NewShohin(ニューショウヒン)

Appleが新OS「iPadOS」を発表!よりMacっぽい使い方ができるように

time 公開日:2019/06/08

URLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
「iPadOS」のデスクトップウィジェット

Appleは、開発者向けイベント「WWWDC 2019」で、次期OS「iPadOS」を秋に正式配信を予定していると発表しました。

この記事では「iPadOS」の特徴や新機能、変更点を解説します。

「iPadOS」の特徴と新機能

iPadをPCのサブディスプレイにできる新機能「Sidecar」

「iPadOS」のホームスクリーン

いままでサードパーティ製のアプリを利用してサブディスプレイとして「iPad」を利用していたという方には朗報です。

「Sidecar」は、タッチペン入力対応のサブディスプレーとして「iPad」を利用できるという機能で、USB-Cケーブルでも、Lightningケーブルでも、ワイヤレスでも接続することができます。

ホームに固定表示できる「デスクトップ ウィジェット」

「iPadOS」のデスクトップウィジェット

「デスクトップ ウィジェット」は、ホーム画面の一番左に表示されるToday Viewウィジェットをホームスクリーン上に固定表示できる機能。

Androidタブレットのように自由にウィジェットを設置できるわけではありませんが、より便利になりました。

なお、設定で非表示にすることもできるので、この機能が不要だという方も安心です。

よりPCっぽく使えるようになった「マルチウインドー・マルチタスク」

「iPadOS」のマルチウインドー・マルチタスク

以前からマルチウインドー・マルチタスクは搭載されていましたが、機能が強化され同一アプリでサイド・バイ・サイド表示が可能になりました。

また、ファイルのドラッグ・アンド・ドロップもできるようになり、よりパソコンっぽい操作感になっています。

さらに、「Slide Over」を上にスワイプすれば、起動しているアプリをすべて確認することができる上に、「Split View」で同一アプリを起動している状態でDockから同じアプリを選択すると、選んだアプリが含まれるすべてのウィンドウを表示する「App Exposé」にも対応します。

Mac版と同程度の機能を搭載した新しい「Safari」

「iPadOS」のSafari

iPad版のSafariでは、iPhone用のレイアウトが拡大表示されてしまい使いにくいというケースが多々ありましたが、新OS「iPadOS」ではデスクトップ版のウェブサイトをiPadに最適化したものが自動表示されるそうです。

また、ダウンロードマネージャーやキーボードショートカット、フォントサイズの調整などのオプションも用意され、Mac版Safari並の機能性を実現します。

賢く直感的になった「テキスト編集・テキスト入力」機能

「iPadOS」のキーボード

「iPadOS」では、3回または4回画面をタップすると自動で段落ごと範囲選択できたり、電話番号やメールアドレスをダブルタップするとスムーズテキスト選択できるなどといったインテリジェントな機能が搭載されます。

また、カットとコピーとペーストはジェスチャー操作に対応し、さらに直感的な操作でテキスト編集が可能です。

さらに、キーボードは2本指でつまんで小さく表示し、ドラッグして好きな場所に移動することが可能になるほか、キーボードを指でなぞりながら文字を入力できる「QuickPath」にも対応します。

より高性能で便利になった「Apple Pencil」

「iPadOS」でApple Pencilを使用

「iPadOS」では、専用タッチペン「Apple Pencil」のレイテンシが20msから9msに向上。ツールパレットのデザインも新しくなり、ドラッグして移動できるようになりました。

新ツールとしてピクセル単位で消せる消しゴムやまっすぐな線を引くための定規が追加され、ドキュメントや電子メール、ウェブページでは全体をスクリーンショットできる新機能も追加されます。

関連商品

 

URLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

人気記事