NewShohin(ニューショウヒン)

Apple、独自クレジットカード「Apple Card」を発表!最大3%還元

refresh 更新日:2019/06/01

time 公開日:2019/03/26

URLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
Apple、独自クレジットカード「Apple Card」を発表!最大3%還元

Appleは、新しいクレジットカード「Apple Card」を発表しました。

「Apple Card」は、iPhoneのApple Walletアプリに統合されるクレジットカードで、iPhoneユーザー向けに設計されています。

「Apple Card」は、Apple Payのように利用可能で、チタン製の物理カードもある!

「Apple Card」の利用金額をグラフで表示した時の画面

「Apple Card」の利用金額をグラフで表示した時の画面

「Apple Card」はWalletアプリ内に保管され、Apple Payと同様に、Touch IDまたはFace IDで認証することで利用可能。

「Apple Card」の利用金額は、支払った店や分野ごとに自動的に仕分けされ、何に使ったのかが簡単に分かるようにグラフ化されます。

「Apple Card」の物理カード

「Apple Card」の物理カード

Appleは、Apple Payが利用できないような店舗でも「Apple Card」を利用することができるようにチタン製の物理カードも用意。

もちろん、物理カードで利用した分の明細もiPhoneで確認できます。

「Apple Card」には、最大3%のキャッシュバックが每日もらえる「デイリーキャッシュ」が!

「Apple Card」のデイリーキャッシュの獲得金額を確認できる画面

「Apple Card」のデイリーキャッシュの獲得金額を確認できる画面

「Apple Card」には、「デイリーキャッシュ」としてキャッシュバック制度が設けられています。

「Apple Card」で決済するたびに毎日キャッシュバックを受け取ることができるという制度で、一般の買い物では2%、Apple StoreなどAppleで購入する場合は3%のキャッシュバックが受け取れます。

ただし、チタン製の物理カードを使用した場合は1%となります。

「Apple Card」は、年間利用費や支払いが遅れた場合のレイトフィーがかからないのが最大のメリット

「Apple Card」の利用イメージ

「Apple Card」の利用イメージ

キャッシュバック制度自体、同様の還元率のクレジットカードは今も存在しますが、年間利用費や支払いが遅れた場合のレイトフィー、海外で利用した場合の手数料がかからないというのが最大のメリット。

今まで、クレジットカードを使用するのは不安という方でも、安心して利用することができます。

「Apple Card」の利用情報は一切取得しないとAppleが約束

「Apple Card」の特徴

「Apple Card」の特徴

Appleは、「Apple Card」を提供するにあたり、Goldman SachsおよびMastercardと提携しているので、「Apple Card」は世界中どこでも利用可能。

また、Appleは、ユーザーが「Apple Card」を利用してどこで何を買ったのか、いくら使ったのかなどの情報は一切取得せず、Goldman Sachsもデータを外部に販売、共有しないとしています。

なので、プライバシーを重視したいという方にもおすすめのクレジットカードと言えるでしょう。

「Apple Card」のサービス開始時期

「Apple Card」のサービス開始時期の発表シーン

「Apple Card」のサービス開始時期の発表シーン

「Apple Card」は2019年夏から米国で利用可能となります。

なお、サービスが開始されれば、iPhoneで申し込むだけで即日利用可能になるそうです。

「Apple Card」の紹介動画

URLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

人気記事