NewShohin(ニューショウヒン)

IIJmio、格安SIMでは珍しい音声通話限定プラン「ケータイプラン」を発表!

refresh 更新日:2019/03/22

time 公開日:2019/01/25

URLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。
IIJmio、格安SIMでは珍しい音声通話限定プラン「ケータイプラン」を発表!

IIJmioは、2019年2月1日から音声通話利用限定の新プラン「ケータイプラン」を提供すると発表しました。

この記事ではIIJmioの「ケータイプラン」の特徴を紹介し、どんな用途で使用するのがおすすめなのかについて説明していきます。

「ケータイプラン」は、音声通話とSMSに限定した音声専用の低価格プラン

IIJmioの「ケータイプラン」でできること

この新プランに対応する回線はNTTドコモとauの2種類。

最大の特徴は音声通話とSMSに限定した音声専用プランとなっている点で、標準ではSMS以外のデータ通信量は付帯しないというプランになっています。

ただ、増量することでデータ通信を増量することができますが、追加料金が必要です

「ケータイプラン」は、一応データ通信もできる

標準ではデータ通信量がない状態となっており、データ通信を使いたい際にはクーポンを購入することで、利用したい時に利用したい分だけモバイルデータ通信を使用することができます。

月額料金はNTTドコモ回線とau回線のどちらでも920円(税抜)です。

「ケータイプラン」は、専用アプリを使えば通話料も安い!

専用スマートフォンアプリ「みおふぉんダイアル」を使用した場合の通話料の比較グラフ

通話料金は、国内通話が30秒あたり20円、同一契約名義同士での国内通話が30秒につき16円となっています。

ただ、専用スマートフォンアプリ「みおふぉんダイアル」から発信することで通話料が割引となり、国内通話も国際通話も30秒あたり10円になり、同一契約名義同士での国内通話あ30秒あたり8円になります。

「ケータイプラン」は、どんな用途におすすめのプランなのか?

「ケータイプラン」は、用途を限定することで月額920円(税抜)という低価格を実現しており、低コストで音声回線を持てるのがポイントです。

ただ、データ通信をするためのクーポンを大量に購入しているようでは、データ通信量が付帯している一般的なプランより割高になってしまいます。

なので、待受専用の携帯電話や、予備の携帯電話、自宅に置いておく固定電話代わりの携帯電話として使用するのにピッタリな料金プランと言えるでしょう。

詳細についてはIIJmio(公式サイト)でご確認ください。

「ケータイプラン」の他にも様々なわかりやすいプランがあるので、よくIIJmio(公式サイト)で自分にあったプランがないか確認することをおすすめします!

また、様々なキャンペーンが実施されているので、必ずキャンペーン情報は目を通しておきましょう。

URLとタイトルをコピーする
お使いの端末ではこの機能に対応していません。
下のテキストボックスからコピーしてください。

人気記事