NewShohin

フェラーリが新型「Ferrari Monza SP1/SP2」を発表!スポーツカー技術を備えた最新モデル

time 2018/09/19

フェラーリが新型「Ferrari Monza SP1/SP2」を発表!スポーツカー技術を備えた最新モデル

フェラーリ・ジャパンは、2018年9月18日に、マラネッロ発フェラーリのキャピタルマーケット・デイのタイミングに合わせて、マラネッロのファクトリーで新型Ferrari Monza SP1とSP2を発表しました。

この2つの限定スペシャル・シリーズ車輌は、1950年代の最も刺激的なフェラーリの記憶をよみがえらせる、「Icona(イーコナ)」とネーミングした新セグメント初のモデル。

最先端のスポーツカー技術を備えているのが特徴です。

1948年の166MMを想起させる要素が注ぎ込まれたFerrari Monza SP1とSP2

発表イベントの様子

Ferrari Monza SP1とSP2は、750 Monzaおよび860 Monza などのネーミングと、過去の象徴的なフェラーリ・レーシング・バルケッタの祖となる1948年の166MMを想起させる要素が注ぎ込まれています。

Ferrari Monza SP1は、ステアリングホイールを握るドライバーに、真のユニーク・エクスペリエンスをもたらす妥協のないシングルシート・ロードカーとして設計されています。

また、Ferrari Monza SP2は、トノ・カバーを廃し、セカンド・ウインド・プロテクターとロールバーを追加装備することで、ドライバーと一緒にパッセンジャーもセンセーショナルなドライビング・エクスペリエンスを堪能していただける2シーター・モデルです。

フォーミュラドライバーでなければ体験できないようなオープンエア・スピードを味わえる

ユニークなデザインを備えたFerrari Monza SP1とSP2は、広範囲にわたるカーボンファイバー素材の使用および車輌のエクスクルーシブ性をさらに高めるヘッドライト、テールライト、ホイール、インテリアなどの特徴的なディテールによってバルケッタ史上最高のパワーウエイトレシオを実現。

マラネッロの市販エンジン史上最強となる出力810cv の V12エンジンを搭載し、0-100km/h加速2.9秒、0-200km/h加速7.9秒という俊足を誇ります。

搭乗者は、F1を頂点としたフォーミュラドライバーでなければ体験できない異次元のオープンエア・スピードを味わえます。

ラインナップ

Ferrari Monza SP1

Ferrari Monza SP1

Ferrari Monza SP2

Ferrari Monza SP2

スペック概要

エンジン

タイプ V12 – 65°
総排気量 6,496 cc
最高出力* 603 kW(810 cv)@ 8,500 rpm
最大トルク* 718Nm @ 7,000rpm

サイズ & 重量

全長 4,657 mm
全幅 1,996 mm
全高 1,155 mm
乾燥重量** 1,500 kg (SP1)、 1,520 kg (SP2)

パフォーマンス

0-100 km/h 加速 2.9 秒
0-200 km/h 加速 7.9 秒
最高速度 300 km/h 以上

燃料消費/CO2排出量

ホモロゲーション申請中

* 98 RON(オクタン)燃料使用時
**軽量オプション・コンポーネント装備車

source,image:フェラーリ・ジャパン株式会社

関連商品(Amazon)