NewShohin

究極の美味しさ追求した納豆のコク製造マシン「究極のNTO」が発売!

time 2018/09/02

究極の美味しさ追求した納豆のコク製造マシン「究極のNTO」が発売!

タカラトミーグループのタカラトミーアーツは、納豆を究極に美味しく作ることを目的とした“納豆のコク製造マシン”をリニューアルし、「究極のNTO」として2018年11月22日から発売します。

納豆を究極に美味しく食す方法を手軽に再現できる

「究極のNTO」を使用しているイメージ

究極のNTO」は、食通としても知られる稀代の芸術家「北大路魯山人」が提唱した“納豆を究極に美味しく食す方法”を手軽に再現できる商品です。

本体に納豆をセットし、ハンドルを回すと倍速で攪拌され、手軽に美味しい納豆ができあがります。

最も美味しくなる424回混ぜた状態の納豆を簡単に作れる

究極のNTO」では、納豆はかき混ぜるほどに旨くなるという魯山人の教えを元に、納豆が最も美味しくなるかき混ぜ数を検証し、424回という回数を設定。

ハンドルを回すとギアの回転数がカウントされ、醤油を入れるベストなタイミング(305回)や完成のタイミング(424回)で、本体の蓋が自動的に開きます。

できあがった納豆は大豆のコク(濃厚感)が強く感じられ、醤油が豆によく絡みまろやかな味になります。

すでに、美味しさは科学的にも実証されており、「味香り戦略研究所」の協力により混ぜる前と混ぜた後の味の違いを「味覚センサー」を用いて比較したところ、424回混ぜた状態ではコク成分が109%に増えるというデータが計測されています。

究極モードと無限モードの2つのモードを搭載

「究極のNTO」の究極モード

究極のNTO」は、究極モードと無限モードの2つのモードが搭載されています。

究極モードは424回かき混ぜる究極の納豆を短時間で作ることができるモードです。

一方で、無限モードは無限にかき混ぜることができ、自分だけの究極の納豆を探求できます。

「究極のNTO」の概要

「究極のNTO」のパッケージ

  • 商品名:究極のNTO
  • 発売日:2018年11月22日(木)予定
  • 内容:本体、取扱説明書
  • 本体サイズ:W120mm×H175mm×D90mm
  • 重さ:約300g
  • 対象年齢:15歳以上

商品ページ(Amazon)