NewShohin

ソニーが最新技術を活用した新型「aibo(アイボ)」を発売すると発表!

time 2017/11/01

ソニーが最新技術を活用した新型「aibo(アイボ)」を発売すると発表!

ソニーは、自律型エンタテインメントロボット「aibo(アイボ)」を2018年1月11日より発売すると発表しました。

計22軸の自由度によって実現した自然な動き

新型「aibo」のあいらしい顔

「aibo」は、そっと触れたくなる丸みを帯びたデザインで、より動物らしい姿になっています。

全体で表現するボディランゲージを組み合わせた多彩なふるまいで心和むひとときを与えてくれます。

超小型の1軸・2軸アクチュエーターを開発することによって、コンパクトなボディでありながらも計22軸の自由度を持たせ、滑らかで柔らかな自然な動きをします。

また、瞳には2枚のOLEDを採用し、多彩に感情を表現します。

オーナーに能動的に働きかけ、学習して成長していく「aibo」

新型「aibo」とオーナーが触れ合っている様子

「aibo」はよくあるロボットと違い、オーナーからの呼びかけを待つだけではなく、オーナーに能動的に働きかけ、オーナーからの言葉やなでられたことなどを感じとってオーナーが喜んでくれることを学びます。

また、周囲の環境に徐々になれていくと歩く範囲を拡げるなど、だんだんと様々なことを「aibo」が学習していきます。

この学習は、ソニーの培ったディープラーニング技術を活用した画像、音声の認識・解析が役立っており、魚眼カメラを用いた地図作成技術も搭載するなど、高度な技術が利用されています。

さらに、専用アプリケーション「My aibo」で、本体設定やオーナー情報へのアクセス、撮影した写真の閲覧、aiboのふるまいを追加できる「aiboストア」などの機能も利用できます。

価格やケアサポートについて

「aibo」の価格は税抜き198000円で、2018年1月11日より発売されます。

また、aiboに不具合や故障が発生した際に修理代が割引となるaiboケアサポートも発売日と同日から提供される予定です。

主な仕様

 商品名称“aibo” (アイボ)
色名称Ivory White (アイボリーホワイト)
型番ERS-1000
プロセッサー64bit Quad-Core CPU
可動部(自由度)頭:3軸、口:1軸、首:1軸、腰:1軸、前足・後足:3軸×4、耳:1軸×2、しっぽ:2軸(合計22軸)
ディスプレイOLED×2(瞳)
サウンドスピーカー、マイク×4
カメラカメラ×2(前方カメラ、SLAMカメラ)
センサー類ToFセンサー、PSDセンサー×2、
感圧・静電容量方式タッチセンサー(背中センサー)、
静電容量方式タッチセンサー(頭センサー・あごセンサー)、
6軸検出システム(3軸ジャイロ・3軸加速度)×2(頭、胴体)、
人感センサー、照度センサー、肉球×4
キースイッチ類パワーボタン、音量ボタン、ネットワークスイッチ
インジケーター類ステータスLED、ネットワークLED
端子類チャージピン、SIMカードスロット
通信モバイルネットワーク通信機能(データ通信):LTE
Wi-Fi:IEEE 802.11b/g/n
外形寸法約 180 × 293 × 305 mm
(立ち姿勢: 幅 × 高さ× 奥行き ※突起部を除く)
質量約 2.2 kg
消費電力約 14 W
連続稼働時間約2時間
充電時間約3時間
主な付属品チャージステーション(チャージスタンド、チャージマット)、ACアダプター、電源コード、ピンクボール、SIMカード、印刷物一式