NewShohin

EIZO、HDR映像制作向け31.1型モニター「CG3145」発売決定

time 2017/09/16

EIZO、HDR映像制作向け31.1型モニター「CG3145」発売決定

EIZOは、HDR映像制作向け31.1型HDRリファレンスモニター「ColorEdge PROMINENCE CG3145」を2017年12月18日に発売すると発表しました。

スポンサーリンク

正しく映し出す

「ColorEdge PROMINENCE CG3145」は、画面に白べたを表示した場合でも輝度を下げることなく1000 cd/m2までの高輝度を安定して表示できます。

また、輝度の低下に伴う色変化も発生しません。

クリエイティブワークをサポート

IPS液晶パネルと高輝度バックライトユニットを組み合わせ、100万:1の高コントラスト比を実現しています。

また、ハロー現象を抑制し、正しくHDR映像を表示できます。

さらに、「PQ方式」と「Hybrid Log Gamma方式」のHDR特有のガンマに対応した表示ができます。

スポンサーリンク

4K HDR映像制作をサポート

31.1型の広い画面スペースで画面の隅々まで均一に表示でき、DCI 4K解像度4096×2160に対応し、10-bit入力にも対応しています。

専用色管理ソフトウェア「ColorNavigator NX」によるハードウェア・キャリブレーションに対応しており、外付けセンサーを使用することで輝度・ホワイトバランス・ガンマ・色域などの表示調整が可能です。

さらに、デジタルシネマ用の規格である「DCI-P3」や、4K/8K放送の色基準となる「Rec.2020」の色域をCG3145の色域内で最大限再現でき、映像制作の規格で定められた色域・ガンマを再現する表示モードを豊富に搭載しています。

関連商品(Amazon)

スポンサーリンク

down

コメントする