NewShohin

日本初の民間ロケット「MOMO」は12時以降の打ち上げを目指す流れに

time 2017/07/30

日本初の民間ロケット「MOMO」は12時以降の打ち上げを目指す流れに

堀江貴文さんらが開発した小型ロケット「MOMO」は、北海道大樹町で日本で初めて民間で宇宙を目指すロケットとして打ち上げられる予定でしたが、機体に不具合が見つかり、午前10時20分以降の打ち上げを目指すことになりました。

また、最新の情報によると12時20分以降の打ち上げを目指す流れになっているそうです。

スポンサーリンク

北海道のベンチャー企業が開発

小型ロケット「MOMO」は、北海道のベンチャー企業「インターステラテクノロジズ」が開発・製造したもので、高度100キロを超える宇宙空間を目指すそうです。

この小型ロケット「MOMO」は、全長およそ10メートルの観測ロケットで、国内でも宇宙ビジネスの市場が広がるのではないかと期待されています。

成功すれば民間単独による国内初の宇宙空間到達

ロケットは午前6時半ごろに打ち上げられる予定でしたが、不具合が見つかったそうで午前10時20分以降の打ち上げを目指すことになりました。

成功すれば民間単独による国内初の宇宙空間到達となり、注目が集まっています。

関連商品(Amazon)

スポンサーリンク

down

コメントする